link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

秋の宮ヶ瀬湖

・・すっごく久しぶりに「今週の風景」を更新いたします。
もうすっかり「今週」では無いですよねTOT・・・。

そもそもこの今週の風景は、季節感にあわせて毎週月曜日に更新すると言う事で始めたのですが、すっかり外れてしまっています。
休みも無いので、ネタもロクに拾えニいけないので、したくても出来ないのですけど・・(汗)

・・一体いつになったら落ち着いて、以前みたく旅に出れるようになるんだろうか・・。

すみません、嘆いてしまって・・・。

さてさて、ついこの間近場の宮ヶ瀬湖に行ってきました。夜勤明けなので、午前中くらいに・・。
広々していて、静かで、秋の訪れを感じてきました。

**********************************

宮ヶ瀬湖はは東丹沢にある宮ヶ瀬ダム建設によってできたダム湖であって、神奈川県愛甲郡愛川町、同郡清川村、相模原市の3市町村にまたがる。
っていうのは、確か以前に宮ヶ瀬湖の記事を載せたときに書いた事があった。その時は宮ヶ瀬湖イルミネーションを見に行った時だった・・。
ちなみに私の住んでる市もここに入ってるのである。

akimiyagaseko1.jpg
この宮ヶ瀬湖には、このような広大な園地も広がっている。
バーベキューやキャンプなどもここでできるらしい。
四季折々によって、色々なイベントも施される。ちなみにイルミネーションの会場もこの辺付近であった。

akimiyagaseko2.jpg
宮ヶ瀬湖畔園地の案内地図の目の前に、この様に湖の前に大きい広場がある。

akimiyagaseko3.jpg
ここに大きい吊り橋があるのだが、この吊り橋の名前が「水の郷大吊り橋」
宮ヶ瀬湖を横断する、大きい吊り橋である。

・・・近くにススキさ咲き乱れていたので、そのススキと一緒に写真を撮って見た。

akimiyagaseko4.jpg
そのまた近くに、秋を象徴する「銀杏の木」もあったので、それと一緒に・・。
この銀杏の木も見事に黄色く色づいていた。

akimiyagaseko5.jpg
高さが大体20Mくらい・・。長さが300Mくらいのこの吊橋。
ここから眺める、宮ヶ瀬湖も見てのとおり、、なかなか綺麗な青い湖であった。

akimiyagaseko6.jpg
逆の南側の宮ヶ瀬湖と水路でつながっている親水池を眺めてみる。水面が日に当たって光っていた。
その親水池の辺りにススキが咲き乱れているのを発見・・。

akimiyagaseko7.jpg
吊り橋を渡りきって、ここからもススキと吊橋を撮って見た。
この辺りは結構ススキも咲き乱れているなぁ・・。
やはりあたりは山に囲まれているだけあって、気温も低いからだろうか。

akimiyagaseko8.jpg
ススキの野原がこの辺りに広がっている。
箱根の仙石原ススキ高原みたいにススキが沢山あり、秋ならではの風景をつくっている。

akimiyagaseko9.jpg
日に当たると、一層金色に輝いている。
ついこの間も、十五夜でススキの似合う時期だったしなぁ。

akimiyagaseko10.jpg
この辺りを散策していると、気分も浄化されてくるような感じだ。

akimiyagaseko11.jpg
真っ赤に染まったもみじの木も発見した。
銀杏にもみじ、、そしてススキと秋を象徴する植物を全てこの日に見た。

・・・あと1ヶ月後くらいには、この辺りの夜も光り輝くイルミネーションが施されるはずだ。
「第24回宮ケ瀬クリスマスみんなのつどい」である。
http://www.miyagase.com/xmas/
↑が公式HPです。

miyagaseirumi7.jpg
今年も見に行きたいなぁ~っと思う今日この頃であった・・・。

今年はイルミネーション撮影活動・・できるのかなぁ。^^;
スポンサーサイト
09:14 | 今週の風景 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
まったく…… | top | ガンダム

Comments

Thank you for your comments!















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sevensyu.blog83.fc2.com/tb.php/494-5932b0e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。